学部・学科案内

健康栄養学科

健康栄養学科

健康づくりについて大きな役割を担うのは、高度な専門知識を身につけ、保健・医療・福祉・教育に貢献できる管理栄養士です。健康栄養学科では、食生活と健康について現在から未来を見据え、著しく進歩する知識と技術に対応することができ、心身ともに健康に暮らすための担い手となる管理栄養士の養成をめざします。

学科長メッセージ

自分の頭で考えて、自分の力で動ける管理栄養士を目指して

健康栄養学科長の写真 学科長 大久保 剛

 今後、日本は世界でも類を見ない高齢化社会を迎えます。高齢化社会では、健康寿命を延ばし、医療費を削減させることが一つの課題となってきます。このような社会状況の中で生き残れる管理栄養士像は、学術論文から事実を読み取り、メディア情報の真偽を見抜き、確かな情報を的確に伝えることが出来ることが挙げられます。つまり、Logical Thinking、Critical Thinking が非常に重要になってきます。裏を返せば、栄養学のスペシャリストとして的確な情報を取り入れ、対象者に伝えていければ、「栄養」「食」を通じて日本社会の一部を変革することも可能になります。
 更に、リベラルアーツを身に付けることは、対象が前述の高齢者のみならず、予防、未病の視点から中高年層、三つ子の魂をきちんと植え付けることから子ども達、更にはDOHaD研究に基づく授乳婦、妊産婦まで老若男女、更には胎児に至るまで、実に幅広いヒトを相手に「栄養」「食」で世の中を変えていくことが可能になります。
 健康栄養学科では、このことを踏まえて、臨床栄養学(病気と栄養の関係)、栄養教育(ヒトに「食」にまつわる行動変容を起こさせる)、公衆栄養(地域社会に役立つ栄養学)などヒトの健康に関連する分野を中心に、調理学や給食経営管理学などテクニカルな分野も身に着けていきます。
 最後に、管理栄養士という資格を武器に、女性として自分の頭で考えて、自分の力で動くことを本学で身に付け、男性優位の日本社会に風穴を開けて欲しいと切に願っています。このことこそが女子大学で学ぶ大きな意義だと思っています。

学科の特徴

特徴1人間の健康と栄養のあり方を広い視野から探究します。

「食」は人の健康寿命に大きく影響することが科学的に明らかにされ、「食」の正しい知識と確かな技術が求められるようになってきました。

特徴2科学的かつ論理的に捉える能力と実践する能力を身につけます。

ライフスタイルの多様化により、食生活が急激に変化している現代社会において、正しい食生活を指導できる人材の育成が期待されているのです。

特徴3社会に貢献できる人間性と専門性を兼ね備えた「食」の専門家を育成します。

科学的かつ論理的に捉える能力と実践する能力を身につけるとともに、社会に貢献できる豊かな人間性と高度な専門性を兼ね備えた「食」の専門家を養成することを目的としています。

ゼミの紹介

《鈴木ゼミ》 データからみる公衆衛生と社会

私たちのゼミでは、公衆衛生に関する文献を読みながら、全員が発表し、議論を通して公衆衛生に関する視点と社会に対しての考察を深めることを目的としています。さまざまな情報が氾濫する現代で、データの「事実」をどう解釈するか、そこから得られる「真実」は何か、健康寿命、健康格差、保健医療体制、社会経済活動などについて思索します。

《山城ゼミ》 ゼミ活動を通してたくさんの気づきと学びを

私たちは、県民大学やこども食堂、たまひよサークル(子育て支援事業)などで幅広い年代の方々との交流を深めるとともに、食生活のサポートも行っています。また、「かしこく・おいしく・たのしく」をモットーに試作を行いながらレシピを考案し、様々な経験を重ねながら、自分たちの力となっています。

理念・方針

教育研究上の目的

健康栄養学科は、本学の教育理念であるキリスト教の愛の教えに基づき、人間の健康と栄養のあり方を広い視野から探究し、科学的且つ論理的に捉える能力と実践する能力を身に付けると共に、社会に貢献できる豊かな人間性と高度な専門性を兼ね備えた「食」の専門家を育成することを目的とする。

管理栄養専攻 Major in Nutrition Management

管理栄養士の資格を取得すると、幅広く活躍の場を広げることができます。

 私たちの周りには多様な食品があふれています。簡略化された現代の食事スタイルは、偏食に陥りやすい食環境をも作りだしてしまいました。肥満や糖尿病、動脈硬化といった生活習慣病の増加は飽食の時代の産物と言えるのではないでしょうか。子どもたちの偏った食生活を正すには食教育が大切です。さらなる高齢社会を迎える中で、健康寿命の延伸が強く求められています。乳幼児期から老年期に至るまで、人のライフステージに応じた適切な食教育を行い、正しい食習慣を身につけることが、これからの日本人の健康寿命を維持するうえで重要です。このように管理栄養士への社会的ニーズは年々多様化しています。
 管理栄養専攻を卒業すると栄養士の資格を取得できます。さらに、管理栄養士の養成施設に指定されていますので、卒業と同時に管理栄養士国家試験受験資格を取得できます。本専攻のカリキュラムで学び管理栄養士の資格を取得すると、医療機関、社会福祉施設、学校教育現場、行政機関など、幅広く活躍の場を広げることができます。
 より高度な専門家として、管理栄養士にも期待が高まっています。人の健康や生命に関わる専門家として、知識と技術を磨きキャリアを積んでほしいと願っています。

管理栄養士国家試験