学部・学科案内

心理福祉学科

心理福祉学科

カリキュラム・科目

カリキュラム・ポリシー

心理福祉学科のディプロマ・ポリシーを達成するために、専門科目には、「コア科目」、「中心科目」、「境界科目」を置き、基礎的な知識・技能の確かな学習を基に、さらにそれらを深化し応用・発展的な内容を学び、心理学及び社会福祉学に基づく人間の理解や支援に関する専門的な知識や技能が習得できるカリキュラムを編成する。

1.
コア科目では、学科共通として心理学と社会福祉学の入門的内容と基礎的リテラシーを学ぶ。
2.
中心科目では、基礎科目の学習を基盤に、心理コースでは心理学の基盤となる「科学的な人間理解」のための考え方と方法、公認心理師に対応する科目も含む生理・知覚認知・社会・発達教育・臨床等の心理学の専門分野を、福祉コースでは社会福祉士・精神保健福祉士の資格取得に必要な科目を中心に、社会福祉学の基礎として「制度・政策」、「対象の理解」、「ソーシャルワークの基礎」を、講義・演習・実習を通して学ぶ。
3.
境界科目では、関連分野の学習を通して専門的知識・技能の発展・拡張と深化を図る。

カリキュラム体系図

心理と福祉の両面から「人間の理解と支援」という課題に取り組みます。

カリキュラム体系図

カリキュラムマップ

心理福祉学科では、ディプロマ・ポリシーを実現するためのカリキュラムマップを作成し、履修指導や授業の運営に活用しています。

カリキュラムマップはこちら

科目ナンバリングはこちら

主な科目

多くの専門科目を学ぶことによって広がりのある研究が可能となります。その豊富な専門科目の一部を紹介します。

【心理コース】心理学実験

【心理コース】心理学実験

目で見ることができない「心」について実験を通して数量化することで、人の心のメカニズムや行動を理解し、適切に解釈することができる力を養います。

【福祉コース】ソーシャルワーク演習

【福祉コース】ソーシャルワーク演習

ソーシャルワーカーとしての面接技術を習得するために模擬面接を経験します。ソーシャルワーカー役とクライエント役に分かれ、学生は面接を通じて生活課題を明らかにし、個別支援計画を立案します。

【心理コース】心理学的支援法(講義・演習)

【心理コース】心理学的支援法(講義・演習)

心理臨床現場での面接における基本的な姿勢と理解の仕方を、ロールプレイなどを実際に行うことで、多種多様な視点と対応の仕方を広げる実践力につなげます。

【福祉コース】精神保健福祉援助演習

【福祉コース】精神保健福祉援助演習

精神保健福祉分野における相談援助の理念や目的を理解し、総合的・包括的な援助と他職種との協働・連携するための知識と技術を学びます。

視野を広げて専門性を磨くために

地域生き活きプロジェクト

地域生き活きプロジェクト

仙台市の「いずみ絆プロジェクト支援事業」の助成を受け、継続的にフィールドワークを行っています。地域住民と協働する楽しさを通じて、心理・福祉職に必要な実践力を養っています。

心理福祉国際体験実習

心理福祉国際体験実習

訪問国の歴史や文化に触れながら、生活様式の違いや国際的に活躍するシャルトル聖パウロ修道女会の活動なども経験します。

卒業認定・学位授与に関する方針

所定の単位を取得し、以下のような能力を身につけた学生は卒業が認定される。

(1)
心理・福祉の専門性に基づき、様々な立場から人間の理解に基づく支援活動を計画し実践するために必要な意欲・態度および能力を身につけている。
(2)
他者との関わり合いの中で、自己と他者の力を互いに引き出し合いながら協調・協働する意欲と能力を身につけている。
(3)
社会福祉学の知識や技能を基盤として、個人と社会を関連づけながら幸福とは何かを追求する能力を身につけている。(福祉コース)
(4)
社会福祉学の知識を踏まえて、社会福祉の対象者や地域と直接的、間接的にかかわり主体的に行動する態度を身につけている。(福祉コース)
(5)
地域住民として、女性として、福祉専門職として社会に貢献できる総合的な能力を身につけている。(福祉コース)
(6)
心理学の多様な視点(生理・認知・社会)から、人の心のはたらきと行動を科学的に理解するための知識を備え、現代社会の様々な問題にそれらを応用することができる。(心理コース)
(7)
科学的な人間理解のための研究法や、その結果を適切に報告するためのプレゼンテーション能力、議論するためのコミュニケーション能力を備えている。(心理コース)
(8)
心理学の知識と技法を用いて、自分自身の理解と成長、他者との良好な人間関係づくりに役立てられる。(心理コース)