よくあるご質問

よくあるご質問

Q1. 子ども教育学科(現人間発達学科)の特色はどんなところにありますか?

国際化の時代に求められる「英語に強い」小学校教諭*・中学校教諭*(学校教育コース) 及び保育士・幼稚園教諭*(幼児教育コース)をめざします。希望者は、アメリカの小さな子どものいる家庭にホームステイしながら、カリフォルニア大学アーバイン校で児童英語研修を受けることもできます。また、身体・音楽・造形等の科目が大変充実しており、「表現力と感性が豊かな」保育士や教諭をめざします。さらに、姉妹校などの協力を得ながら、1年次から実際の教育・保育現場にふれる機会を設けるなど、実践力・即戦力を重視している点も特色です。その他にも、心理・発達関連科目、児童英語関連科目、認定絵本士関連科目を設けており、高度な専門性を持った教育・保育のプロフェッショナルを養成します。こうして培った力は、将来皆さんが保育士、幼稚園・小学校・中学校教諭*となる際に生きてくることでしょう。

Q2. 子ども教育学科(現人間発達学科)で小学校教諭をめざしたいのですが、苦手な教科があります。大丈夫でしょうか?

ご心配はよくわかります。学校教育コースでは、小学校教諭一種免許状*を取得するために必要な科目に加え、主要科目を中心に「小学校授業実践演習」「小学校授業研究演習」など、教科に関する実践的な科目を学科独自に充実させています。これらは少人数クラスできめ細かく指導することを特色としており、苦手な教科であっても克服できる支援体制が組まれていますので心配はいりません。また、英語が苦手でも、基礎から指導しますので、卒業時には英語が得意な先生として現場に出ることができるでしょう。私たちと一緒に夢をかなえてみませんか?

Q3. 子ども教育学科(現人間発達学科)で、小学校教諭一種免許状と中学校教諭一種免許状を同時に取得することはできますか?

新しい「子ども教育学科」では、従来の小学校教諭一種免許状*に加え、新たに、中学校一種免許状(英語)*を同時に取得できます。現在、小学校での英語教育や教科担当制の導入等、義務教育である小学校と中学校の両方の免許状を持つ教員が求められるようになっています。そこで、子ども教育学科では、4年間で無理なく両免が取れるカリキュラムを編成しています。両免を持っていることで、教員採用試験においても有利になります。

Q4. 子ども教育学科(現人間発達学科)で、幼稚園教諭一種免許状と保育士資格を同時に取得することはできますか?

新しい「子ども教育学科」では、幼稚園教諭一種免許状*と保育士資格を同時に取得できるカリキュラムを編成しています。近年増えている認定こども園では、両方の資格が求められますので、両方の資格を取得することを推奨しています。なお、「子ども教育学科」では、新たに、「認定絵本士**」資格と「レクリエーション・インストラクター**」資格も併せて取得できます。こうした資格を取得することで、幼児教育・保育の現場で、高度な専門職として活躍することが期待されます。

*ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期等が変更となる可能性があります。
**設置申請予定